card_giftcard送料無料税別3万円以上のお買い上げで送料無料

人形の岩崎

card_giftcard送料無料税別3万円以上のお買い上げで送料無料

call046-221-0164
schedule営業時間 : 午前10時〜午後7時
五月人形  奉納 鎧飾り 雄山作 五分之一 源太産衣鎧 源氏八領

五月人形 奉納 鎧飾り 雄山作 五分之一 源太産衣鎧 源氏八領

商品コード:205-033

210,000 (税込)

2,100ポイント

商品説明

【製作】雄山
【規格】五分之一
【仕様】黒小札紫匂威・矧ぎ合わせ鉢
【装飾】黒木目飾り台、屏風・弓太刀
【寸法】幅60㎝×奥行40㎝×高さ67㎝(約)
※手作り品につき仕様が変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

『幻の源氏八領鎧』
源氏の家宝として代々伝えられたという八領の鎧です。平治の乱でそのほとんどが失われ、現在では幻の甲冑といわれています。

八幡太郎義家(源義家)誕生の際に父である源頼義が鎧を拝領し、院の御所にその鎧と赤子(義家)を添えて見参したことが名の由来で「源太丸」という義家の幼名にちなみこの名がつけられたといいます。平治元年、十三歳の頼朝が着用とあります。
威し糸は、上部の濃い紫から裾に向かって徐々に淡い色へと変化していく「紫匂威」。
藤の花が咲きかける様がとても美しく表現されています。

奉納鎧とは、武士が自らの願いが叶ったときに、神に祈りを捧げ神社に鎧を奉納する形です。
神に納める神聖なものなので、人肌に触れる部分(面・籠手・脛当など)はつけません。
実戦用の鎧とは異なり美術工芸品としての価値が高く、当時の最高峰の技術で作られたものが多いです。
商品特殊表示
幅60㎝×奥行40㎝×高さ67㎝(約)
送料について
3万円以上のお買い上げで配送料無料

この商品についてのレビュー

createレビューを書く

レビューはまだありません